Rhythm and Blues Memories

Home  Album Gallery  Reissues  External Links  Treasure Chest

Album Gallery


Jubilee JGM-1117

"The Cadillacs Meet The Orioles"

The Cadillacs And The Orioles [1960]




JGM-1117 - The Cadillacs Meet The Orioles

Side 1
1. Baby Please Don't Go - The Orioles
2. Hurry Home - The Cadillacs
3. Hold Me Thrill Me Kiss Me - The Orioles
4. Buzz Buzz Buzz - The Cadillacs
5. A Kiss And A Rose - The Orioles
6. Lucy - The Cadillacs

Side 2
1. Deacon Jones - The Orioles
2. It's Love - The Cadillacs
3. I Don't Want To Take A Chance - The Orioles
4. Let Me Down Easy - The Cadillacs
5. You Belong To Me - The Orioles
6. C'Mon Home Baby - The Cadillacs


1960年に "Jubilee Recordse" からリリースされたLPレコード "The Cadillacs Meet The Orioles"(JGM-1117)は,このレーベルを代表するDooWopボーカルグループの "The Orioles" と "The Cadillacs" がカップリングされたアルバム,一見すると水と油の関係のようなグループですが,DooWopハーモニーの実力派グループだけあって,なかなか聴きごたえのあるアルバムに仕上がっています.

"The Orioles" の曲目は,1948年から1952年にかけて "Jubilee Records" でレコーディングされた作品からの収録,なかでも "A Kiss And A Rose"(Side 1-5),"You Belong To Me"(Side 2-5)は "Sonny Til" のスムーズな暖かみのあるリードボーカルが印象的なバラードの佳作です."The Cadillacs" のほうは,1957年から1960年にかけて "Josie Records" でレコーディングされた作品からの収録,ミドルテンポのリズムナンバー "It's Love"(Side 2-2)は リードボーカル "Earl Carroll" のとぼけた味とバックコーラスの絡みが絶妙で,"The Cadillacs" の特徴が良く出た作品です.

ジャケットのカバー写真は,ロッカーズでしょうか,何をしているのか良く判りません.このジャケットデザインは,"The Paragons Meet The Jesters"(JLP-1098),"Rumble"(JGM-1114),"Boppin!"(JGM-1118),"Whoppers!"(JGM-1119)と同じ "Street Gang Cover" のシリーズです.


Best Of The Orioles

Murray Hill Records
Best Of The Orioles Vol.1 M61234A,B
Best Of The Orioles Vol.2 M61242A,B
Best Of The Orioles Vol.3 M61277A,B
Best Of The Orioles Vol.4 M61277C,D
Best Of The Orioles Vol.5 M61277E,F
- The Orioles (1983年)


1983年に "Murray Hill Records" からリリースされた5枚組のLPレコード "The Orioles Featuring Sonny Til" は,"Sonny Till" がリードボーカルを務めた "Jubilee" セッションの音源が60曲収録された "The Orioles" の集大成アルバムです.ジャケットは,モノクロ写真をカラーリングしたものだと思いますが,なかなか印象的なカバー写真で,左端の人物が "Sonny Til" です.

"Sonny Til" が率いる "The Orioles" は,Doowopボーカルグループの先駆者として1940年代後半に成功し,1950年代初頭には "Ink Spot" や "Milles Brothers" を継承した美しいバラードをベースに DooWopハーモニーの基本パターンを確立しました."Jubilee" セッションの音源は,"The Cadillacs Meet The Orioles" を含め多数CD化されています."The Orioles" を聴かずしてDooWopは語れません.DooWopバラード "Crying In The Chapel","In The Chapel In The Moonlight","Till Then" は必聴の名曲です.

"Marv Goldberg" のウェブサイトには,"The Orioles" の詳細が4部構成で紹介されていて,ディスコグラフィーは パート4で参照できます."The Cadillacs" の詳細は,Wikipediaが参考になります.

Link > http://www.uncamarvy.com/Orioles/orioles1.html
Link >
http://www.uncamarvy.com/Orioles/orioles2.html
Link > http://www.uncamarvy.com/Orioles/orioles3.html
Link >
http://www.uncamarvy.com/Orioles/orioles4.html
Link > http://en.wikipedia.org/wiki/The_Cadillacs




JGM-1117 - The Cadillacs Meet The Orioles Back Cover

ジャケットは,テープ補修や落書きはなく,目立つ劣化もありません.所有するオリジナル盤のなかでもコンディションの良好なLPレコードです.

JGM-1117 - The Cadillacs Meet The Orioles Side 1 JGM-1117 - The Cadillacs Meet The Orioles Side 2

黒のラベルに銀の文字の "Oval" ロゴは,ファーストプレス.ジャケット,レコード盤ともに良好なコンディションです.


2012年10月



Home  Album Gallery  Reissues  External Links  Treasure Chest



Doo Wop Vocal GroupsOne Key Studio since 2012