Rhythm and Blues Memories

Home  Album Gallery  Reissues  External Links  Treasure Chest

Treasure Chest


Thinking About "Little Willie John"

The Early Years Recordings





King 564 "Fever"
Little Willie John [1958]


King 564 - Fever
Original

Side 1
1. Fever
2. I'm Stickin' With You Baby
3. Do Something For Me
4. Love Life And Money
5. Suffering With The Blues
6. Dinner Date
Side 2
1. All Around The World
2. Need Your Love So Bad
3. Young Girl
4. Letter From My Darling
5. I've Got To Go Cry
6. My Nerves


King 564 - Fever Back Cover


King 596 "Talk To Me"
Little Willie John [1958]


King 596 - Talk To Me
Original

Side 1
1. Talk To Me Talk To Me
2. I've Been Around
3. Drive Me Home
4. I'll Carry Your Love Wherever I Go
5. No More In Life
6. Uh Uh Baby

Side 2
1. Person To Person
2. Until You Do
3. Tell It Like It Is
4. Don't Be Ashamed To Call My Name
5. If I Thought You Needed Me
6. There Is Someone In This World For Me


King 596 - Talk To Me Back Cover


King 603 "Mister Little Willie John"
Little Willie John [1958]


King 603 - Mister Little Willie John
2nd issue

Side 1
1. You're A Sweetheart
2. Let's Rock While The Rockin's Good
3. Look What You've Done To Me
4. Home At Last
5. Are You Ever Coming Back
6. Don't Leave Me Dear

Side 2
1. All My Love Belongs To You
2. Spasms
3. Will the Sun Shine Tomorrow
4. You Got To Get Up Early In The Morning
5. A Little Bit Of Lovin'
6. Why Don't You Haul Off And Love Me


King 603 - Mister Little Willie John Back Cover




1950年中期から1960年代初頭にかけて活躍したR&Bシンガー "Little Willie John" は,1937年に米国南部のアーカンソー州カレンデールで10人兄弟の一人として生まれ,4歳の時に父親の仕事の関係からミシガン州デトロイトに移り住みます.1940年代の終わりには,兄弟とゴスペルグループを結成してタレントショーに出演するようになり,才能を認められた "Little Willie John" は,1955年に オハイオ州シンシナティの "King Records" と契約を交わしてレコーディングを始めます.

"Little Willie John" は,1955年から1958年にかけて "King Records" からリリースされた曲が次々にヒットを記録,5曲がR&Bのヒットチャートのトップテンに入る全盛期を迎え,1958年には "King Records" から3枚のアルバム "King 564 - Fever","King 596 - Talk To Me","King 603 - Mister Little Willie John" を発表しています.

"Little Willie John" は,短気でアルコールを乱用する傾向があり,1966年にシアトルでのショーを終えた後に起こした刺殺事件で有罪となり,ワシントン州立刑務所に収監,1968年には 獄中で心臓発作を起こし,享年30歳という若さで亡くなりました."Little Willie John" の釈放活動に尽力した友人の "James Brown" は,1968年12月にトリビュートアルバム "King 1038 - Thinking About Little Willie John And A Few Nice Things" をリリースしています.

"Little Willie John" の日本での知名度は高くありませんが,バラードの名曲 "Fever","Need Your Love So Bad" で代表されるソウルフルでブルージーなボーカルは,聴きこむほどにその良さが伝わってきます.1960年代に入ると,時代の流れでしょうか,ストリングスの入るポピュラーな感覚の曲が多くなってしまうのが少し残念.


Link > http://en.wikipedia.org/wiki/Little_Willie_John
Link > http://www.soulfulkindamusic.net/lwjohn.htm

<King Sessions>
リリース年 タイトル R&Bチャート 収録アルバム
1955  All Around The World 5  King 564 - Fever
1956  Need Your Love So Bad 5
1956  Home At Last  6  King 603 - Mister Little Willie John
1956  Fever 1  King 564 - Fever
1958  Talk To Me, Talk To Me 5  King 603 - Talk To Me


Little Willie John
King 603 - Mister Little Willie John"
"King 564 - Fever"
"King 596 - Talk To Me"


1950年代後期に "King Records" からリリースされた "Little Willie John" のLPレコードは 全盛期の3枚,オリジナル盤は なかなか入手困難な物もあり,所有している "King 603 - Mister Little Willie John" は セカンドプレスのリイシュー盤です.ファーストアルバム "King 564 - Fever" は,"Nurse Cover" と呼ばれる有名なカバー写真,アルバムの収録曲は "King 564 - Fever" が最も充実, カバー写真は "King 596 - Talk To Me" がなかなか印象的な仕上がり.


Fever - Little Willie John (King)
URL _ https://youtu.be/y27vBA68Zyk


Talk To Me, Talk To Me - Little Willie John (King)
URL _ https://youtu.be/pEwk6V2zKVY






2012年11月
(2016年4月)



Home  Album Gallery  Reissues  External Links  Treasure Chest



Doo Wop Vocal GroupsOne Key Studio since 2012